Z世代をターゲットにした7つの製品

Z世代をターゲットにした7つの製品 Culture & Trend

Z世代に向けた製品

高いソーシャルメディアへのリテラシーと可処分時間、爆発的な拡散力を備えたZ世代だが、とりわけ国内では人口層として多くはなく消費力も未だ乏しい。それにも関わらずZ世代は多数のブランド・市場から熱烈なアプローチを受けている。

先日のプレスリリースで登録者数3000万人を突破したYay!などソーシャルメディア市場のほか、アパレルやコスメ、ガジェット、ブティックなど、その市場展開は数知れない。加え、Z世代自身が事業者となり自身の世代に向けた製品を開発するケースも見られらる。
ここでは、2020年から現在までに確認できたZ世代をターゲットとした製品を紹介する。

【メイク】 NARS|ファンデーション

画像6

若年期のため油分の分泌が多く、モバイル端末のブルーライトを浴びることの多いZ世代に向け昨年10月にプレローンチされた化粧品ブランドNARSのファンデーション。
SDGs的価値の訴求(クルエルティフリーや環境汚染物質排出を抑えた開発など)ではなく、Z世代の特質を捉えた機能的価値側面の強い製品だ。

【ファッション】 LIT DEPARTMENT|D2Cブランド

画像5

1997年生まれのZ世代YouTuber古川優香氏が立ち上げたD2Cファッションブランド。SGDsへの理解などからクロスバイ(メンズ/レディースなど性別を気にしない購買)を一般的に捉えるZ世代をターゲットとし、ユニセックスなラインナップを展開している。

【生理用品】 大王製紙|生理用ナプキン

画像4

生理用ナプキン「エリス(elis)」は、 Z世代を含む10~20代前半の女性が好む香りを東北大学 坂井教授の指導のもと開発。またトレンドにも敏感な世代傾向にも考慮し、パッケージカラーにも可愛らしさがプラスされている。

【美容】 パナソニック|電動シェーバー

画像7

『やっているけど、そう見えない自然さ』を見せる10代Z世代に向けた、ちょっとしたうぶ毛やヒゲ、すね毛を剃ることのできる電動シェーバー。
従来の長方形のごつごつとした印象の電動シェーバーとは一線を画すデザインで、母親や友人など身近な存在のUGC(口コミ)経由さえるマーケティング施策も注目に値する。

【ガジェット】 NEC|ノートパソコン

画像3

綿密なZ世代のペルソナ構築を踏まえた、Z世代と共同開発されたノートパソコン。
モバイルファーストが説かれる昨今、とりわけモバイル利用の多いZ世代に向け”スマホライク”を意識した特徴を備える。

【自動車】 東風ホンダ|新型「ライフ」

画像2

ホンダの中国合弁会社 東風ホンダが「武漢オートショー2020」で公開した新型「ライフ」。
キュートなスタイリングや使い勝手、乗り心地の良さを特徴として備え、中国のZ世代が求める価値観を強く反映した製品だ。

【アプリ】 ふくおかフィナンシャルグループ|デジタルバンクアプリ

画像1

目下開発中である、Z世代を含むデジタルネイティブのためのデジタルバンクアプリ「みんなの銀行」。
著しい”銀行離れ”がおき、デジタルバンク利用が飛躍的に伸長する現状に鑑み、とりわけデジタルへ親みのあるミレニアル・Z世代をターゲットに『お金の世界のSNS』を目指している。2021年5月下旬ローンチ予定だ。

まとめ

ここまで7つの製品(一部国外)を紹介したが、これらはあくまで一例にしか過ぎない。

グローバルで見てみればZ世代をターゲットとした製品は山ほど存在する。
イギリスのZ世代をターゲットにしたスポーツ飲料ブランドSWEYや、大学を卒業し就業まもないZ世代のため、クレジットカード申請や保険、給料交渉などのライフスタイルプランニングを集約し『大人であることを1カ所で定義する場所』を目指すアメリカのスタートアップRealworldは、2021年5月にモバイルアプリをローンチ予定だ。また仏ラグジュアリーファッションブランドBa&shは、Z世代向けにスタイリッシュなスニーカーを製品リストに追加している。

中国伝媒大学文化産業管理学院党総支の朱敏副書記はこちらの記事で、市場横断的に消費ターゲットとされ『市場を支配する』とまでいわれるZ世代の価値と威力を次のように形容している。

(Z世代の文化消費の価値と威力がもたらすのは)… 内需を刺激し、経済の質の高い発展をサポートできるだけでなく、ハイクオリティの文化的製品の世界進出を推進する …

単なる”情報拡散源”や”次なる消費者”と認識されているのではなく、「文化と経済の発展に寄与する起爆剤的存在」と見ることができるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました