ソーシャルメディアやアドテック、デジタル・テクノロジーなどについて

Technology

なぜ Dispo と may.kit がクリエイターの可能性を拡張するのか

デジタル著作物への理解も高まり、クリエイターエコノミー活況の今、新たな「デジタルバリュー」が巷を騒ぎ立てています。このウェーブに、新興プラットフォームのみならず既存の巨大ソーシャルメディアも関心を寄せています。 コロナ禍に生じた、「いいね」に代わるデジタルバリューの大転換とさえもいえるかもしれません。
Technology

Z世代にとって「見えるもの / 見えないもの」

仮想通貨、NFT、バーチャルインフルエンサー、Vtuber、アバター。いずれも、紛れもなく存在するものですが手にとることはできず、可能なのはディスプレイ上に表示させることだけ。こうした「見えないもの」に対する抵抗は、Z世代にとってかなり当たり前の存在になりつつあります。
Technology

3Dアバターソーシャルサービス【ZEPETO】をZ世代が大解剖してみた

『もう一人の可愛い自分、もう一つの新しい世界』をコンセプトに掲げ、 NAVER Z が運営する新鋭ソーシャルメディア「ZEPETO(ゼペット)」。さまざまなメディアでの紹介のされ方は、多くがそのアバターやマップ機能にのみ触れたもので、『実際どんな機能を備えているのか』を記述したものはあまりみられませんでした。
Technology

Z世代に好まれる「2つのSNS」に見る共通点とは?

このコロナ禍以来、各主要ソーシャルメディアのアップデートは凄まじい勢いで進んでいます。Twitterを例に取っても、アプリ内回遊増加を介したコミュニティ構築を図っていることがうかがえます。今回はZ世代間で人気を博している「Yay!」と「パラレル」を手取り、『なぜこれらの新鋭ソーシャルメディアにZ世代ユーザーが集うのか』を考察していきます。
Technology

Instagramとの比較から探る「Pinterestのいろは」

このコロナ禍でとりわけZ世代間のMAUが急増したPinterest。まだまだ国内ではLINEやTwitterほど馴染みがないものの、同じ画像をベースにしたInstaramと比較すればかなりの利点やユニークポイントが見て取れます。 InstagarmとPinterestのコンセプトやインターフェース機能を比較し、Pinterestの「いろは」に迫ります。
Technology

同世代で繋がるアプリ「 Yay! 」の6つの特徴

10代に人気の通話&チャットコミュニティ「Yay!」(イェイ)。ユーザーの8割近くが22歳未満のZ世代が占めており、 国内最大級の雑談通話アプリと言われています。Yay! が求めるのは『すべての人に、居場所のある世界』という、どのソーシャルメディアにもないユニークな世界線です。
タイトルとURLをコピーしました