Z世代を中心としたカルチャー・トレンドについて

Culture & Trend

最近気になった「海外のZ世代事情」

Webサービス(ソーシャルメディアを含む)を介した情報取得はごくごく当たり前で、デジタルネイティブと呼ばれるミレニアル世代・Z世代の間では言うまでもありません。しかし、Webサービスを"情報源の1つ"として捉え、フィジカルな媒体から情報を取得することもバランスよくこなすのが彼らの特徴でもあるということを忘れてはいけません。
Culture & Trend

今週気になった「海外のZ世代事情」4選

毎週チェックするZ世代関連の海外記事のうち、今週気になった4記事をアーカイブとしてまとめました。 今回は、「中国Z世代のファッショニスタ」「Z世代とミレニアル世代が牽引する退職傾向」「BNPL市場の成長」「アフガニスタンのZ世代」についてです。
Culture & Trend

『心でつながる時代』に変化するソーシャルメディア

ソーシャルメディアは、元来のインタレストグラフ・ソーシャルグラフを脱し「変革期」に突入しています。その先にあると考えられるのは、フィーリンググラフとでも言える心情に即しユーザー同士が繋がれるソーシャルメディア。とりわけZ世代で人気高いグラビティ・Yay!・Soulを引き合いに、新鋭ソーシャルメディアの容態を考察。
Culture & Trend

〜Z世代とお金の話〜 SDGsとESG投資について

デジタルテクノロジーやSDGsへの高い関心のほか、Z世代にはかなり興味深い「お金の事情」が見て取れます。この記事では、Z世代の「資産形成」「投資」「ESG」という3観点から彼らのお金に対する考えとそれに対する企業のあり方を考えてみたいと思います。
Culture & Trend

米Z世代発のスラング「Cheugy(チュージー)」〜Z世代とミレニアルの最前線を探る

大人になってからのディズニーやスカーフ、マカロン、ケーキポップ、doggo(日本でいうところの イッヌ)などもCheugyと見なされていて、流行遅れのほか「①年齢不相応な感じ」、memeといえど「②あまりに使い古されたもの」、SDGs時代にそぐわず環境破壊に寄与する「③無意味な消費」なども含有されていると窺えます。
Culture & Trend

【’20-’21年5月編】Z世代実況レポータが知り得る「Z世代のトレンド大集」

Z世代実況レポーターとして活動する1997年生まれのZ世代が、SDGs・デジタルネイティブ・マーケティング・ライフスタイルの4観点からこれまでに確認してきたホットなトレンドを集約した2021年5月バージョン|国内外のZ世代のトレンドをもとに、大局的なZ世代の姿を探っていきます。
Culture & Trend

Z世代をターゲットにした7つの製品

高いソーシャルメディアへのリテラシーと可処分時間、爆発的な拡散力を備えたZ世代だが、とりわけ国内では人口層として多くはなく消費力も未だ乏しい。それにも関わらずZ世代は多数のブランド・市場から熱烈なアプローチを受けている。ここではそんなZ世代をメインターゲットとした製品・サービスをオーバービューとして見ていきたい。
Culture & Trend

「レトロ」へと回帰するZ世代

Z世代の特徴を考えるのに欠かせないのが『レトロ回帰』だ。ここでは、Z世代とレトロに関わる7事例を取り上げ、それぞれに通づる「非日常」「効率に偏重しない」「チル」「エシカル」を探り更なる特徴を考察していく。
Culture & Trend

【Z世代の特徴】木を見て森を “あえて” 見ず

Z世代とのインタビューでの『ファッションとしてバイセクシャルを語る人と対峙すると、僕はその人を否定するし、時には "差別" する』というコメント。かれは反ジェンダー論者ではなくごくごく純情な新卒Z世代である。それは単に、『その人を、ただ僕の人生と "区別" しているだけ』だという。 こうしたZ世代の傾向から見えたのは、「木を見て”森”をあえて見ず」という一つの重要な傾向だ。
Culture & Trend

Z世代の”性”と”オープンマインド”

SDGsに高い関心を寄せるZ世代、とりわけ「性」に着目しオープンマインドなコミュニケーションを目指すさまを考察。マクロ・ミクロの視点でみたLGBTQ+についての事例に触れ、Z世代を取り巻く環境には「性のオープンカンバセーション」が実現されるのかを考察しています。
タイトルとURLをコピーしました