岸本 たくみ

Works

「学習塾を検討する保護者」に向けた記事執筆

吉祥寺に拠点を置く学習塾さくら学習院様からのご依頼で、note記事を執筆しました。 大学受験を主題としつつ、さくら学習院様の公式LINE登録者に向け入塾を勧めるコンテンツとなっております。また各記事は合格者や当塾講師へのインタビューや大学受験ハウツーのリサーチを兼ねたものが主です。多くの記事が、既存LINE登録者の7割以上に閲覧していただくことができています。
Works

「物語 × 製品」を合わせた小説仕立ての製品訴求コンテンツ

物語に乗せて企業製品を訴求する短編小説3本を掲載。単身者向け・家族世帯向け・ギフト起用の3パターンそれぞれに訴求軸を持たせています。守秘義務につき具体的な製品は明記しておりません。
Culture & Trend

【Z世代の特徴】木を見て森を “あえて” 見ず

Z世代とのインタビューでの『ファッションとしてバイセクシャルを語る人と対峙すると、僕はその人を否定するし、時には "差別" する』というコメント。かれは反ジェンダー論者ではなくごくごく純情な新卒Z世代である。それは単に、『その人を、ただ僕の人生と "区別" しているだけ』だという。 こうしたZ世代の傾向から見えたのは、「木を見て”森”をあえて見ず」という一つの重要な傾向だ。
Technology

Instagramとの比較から探る「Pinterestのいろは」

このコロナ禍でとりわけZ世代間のMAUが急増したPinterest。まだまだ国内ではLINEやTwitterほど馴染みがないものの、同じ画像をベースにしたInstaramと比較すればかなりの利点やユニークポイントが見て取れます。 InstagarmとPinterestのコンセプトやインターフェース機能を比較し、Pinterestの「いろは」に迫ります。
Culture & Trend

Z世代の”性”と”オープンマインド”

SDGsに高い関心を寄せるZ世代、とりわけ「性」に着目しオープンマインドなコミュニケーションを目指すさまを考察。マクロ・ミクロの視点でみたLGBTQ+についての事例に触れ、Z世代を取り巻く環境には「性のオープンカンバセーション」が実現されるのかを考察しています。
Culture & Trend

食とファッションに見る、Z世代のエシカル思考

Z世代と深く関わりを持った「SDGs」、そしてエシカルネイティブと言われるZ世代の「エシカル思考」。 Z世代を中心に、両者と深く関わりをもった事例をファッション・食という視点からご紹介。さらに結論では、エシカルであろうとするZ世代のモチベーションとインサイトを紐解いていきます。
Works

独自の形態を目指す、日本のeスポーツの歴史と今後

日本独自のeスポールの歴史を隣国・諸国と比較しながら紐解き、今後望ましい国内eスポーツの発展を論考。
Technology

同世代で繋がるアプリ「 Yay! 」の6つの特徴

10代に人気の通話&チャットコミュニティ「Yay!」(イェイ)。ユーザーの8割近くが22歳未満のZ世代が占めており、 国内最大級の雑談通話アプリと言われています。Yay! が求めるのは『すべての人に、居場所のある世界』という、どのソーシャルメディアにもないユニークな世界線です。
Journaling

ライター 志望が、0円で12本コンテンツを書き上げて思ったこと

『ほぼ全員、書くことだけでゆうたら、日本国民みんなできるんやないですか?』 2020年12月ごろからライターを目指し始め、はや3ヶ月が経とうとしている。この言葉は、所属している会社のコテコテ大阪人の社長に「ライターを目指しています」と伝えた時に返ってきた言葉だ。タダでやることとプロとしてやること... プロを目指したい自分は、どうアクションしていけばいいんだろうか... そんな筆者の頭の中を書き記してみました。
Culture & Trend

Z世代 エクスプロージョン

寛容性、とは異質を受け入れ理解を示すことだ。私は、その先にあるものこそがインクルーシブ性だと考えている。つまりは、多様であることが大前提、ということだ。『マイノリティのLGBTQは受け入れてあげなきゃダメだよね』ではない。『LGBT+であろうがその何であろうが、またそこに属さないあなた固有なものであろうが、そもそもみんな違うのが当たり前だから』という理解レベルにまで落とし込まれている。
タイトルとURLをコピーしました